brand consept

美肌をめざすならまず、「肌のキメ」を整えてあげることが一番の近道。

肌のキメが整うと、ふっくらとハリとつやのある状態になるため、

シミやしわも目立ちにくくなり、明るく、若々しい印象を与えることができます。

 

ポイントは、肌の新陳代謝を活性化し、紫外線を防ぎ、

肌の保湿機能を高めることで肌の水分量を維持することです。

ヒト幹細胞培養液シリーズは、ヒト脂肪幹細胞順化培養液・ヒト脂肪幹質細胞エクソソームに

よる「再生力」・フラーレンによる「抗酸化力」を活用し「肌のキメ」を整えます。

幹細胞とは

幹細胞は、自己再生能と多分化能、様々な細胞に分化し、 変化する能力を持つ特殊な細胞です。ヒト由来・植物由来・動物由来があり、ヒトの採取した皮下脂肪などから採取した脂肪由来の幹細胞です。

幹細胞の量は、 新生児の時がピークで、 その後、年齢を重ねるごとに減少し25~30歳で幹細胞の数は新生児に比べ1/4にまで減少します。25 歳前後から幹細胞あるいは幹細胞が作り出す成分を補充することが重要です。

brand-img01.png
brand-img02.png

ヒト幹細胞培養液とは

幹細胞を体外で培養して遠心分離させ、培養液から細胞や不純物を取り除いた上澄み部分です。多くの成長因子を含む110種類の活性物質が含まれています。これを肌に与えることで、幹細胞の働きを助け、皮膚細胞のターンオーバー、いわゆる細胞の生まれ変わりのスピードを回復させます。

皮膚組織の主要構成成分であるヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンを作り出す繊維芽細胞に働きかけ、皮膚の張りと弾力性を高めます。

また、ヒト幹細胞培養液には幹細胞を培養した際に分泌される成長因子や、 エクソソームなどが豊富に含まれており、 幹細胞と同じ作用を持ちながら、幹細胞自体は含まれていないため、拒絶反応などの副作用の恐れがありません。

表皮細胞を量産させ、ターンオーバーを短縮する、再生医療から派生した最新のスキンケアです。

be-saiseiの効果

be-saiseiは、美容成分を肌に導入するだけでなく、 自分の肌そのものの細胞を活性化させるという発想から生まれました。

老化とともに、シミ、シワ、くすみ、たるみなどが出てきますが、これは肌の幹細胞が減り、細胞を再生・修復・ 増殖させる働きが衰えていることが原因と考えられています。

成長因子やエクソソームが含まれたヒト幹細胞培養液を皮膚に適用することで、 皮膚組織の主要構成成分であるヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンを作り出す繊維芽細胞に働きかけ、皮膚の張りと弾力性を高め
、 肌の生まれ変わりを活性化させて、良好なコンディションにしていきます。

brand-img03.png
brand-img04.png

その他特殊成分

•フラーレン

肌のトラブルを引き起こす活性酸素を除去する抗酸化力のある成分で、その美容効果は、アンチエイジングに始まり、美白、シワ、保湿(バリア機能改善)ニキビ、毛穴など多岐にわたることで知られています。

•スピルリナマキシマエキス

スーパーフードとしても注目を集めているスピルリナは、約30億年前に地球に誕生した緑の“藻”。太古から生き抜いた藍藻類の光合成の力を活用し、紫外線やブルーライトの光による酸化ダメージから肌を守ります。

•乳酸桿菌(ラ・フローラK1)

•シクロヘキサン-1,4-ジカルボン酸ビスエトキシジグリコール(ネオソリュウ)

•シロツメクサエキス(ハピクロ)